10.12.2011

イタリア人家庭で作る手抜きラザニア


















今日はちょっとインチキな作り方で作ったラザニアをご紹介します。

インチキといっても、イタリア人が家庭で作っている手抜き料理なので味は美味しいですよ。

ラザニアはLASAGNEというひらたいパスタを重ねてオーブンで作ります。

でも、ソースを作ったりけっこう手間隙がかかるんですよね。

写真のラザニアはこのソースの作り方にひと工夫。

片手鍋に挽肉とチェリートマトを入れて、トマトが柔らかくするだけのソースです。

かえってサッパリしているので日本人の口に合うかもしれません。

材料
ラザニア(平たいパスタ)
オリーブオイル
ニンニク(みじん切り)
乾燥赤唐辛子
牛挽肉(脂の少ないもの)
チェリートマト
塩・黒胡椒(粗挽き)
モッツアレラチーズ

作り方
  1. ラザニアは塩とオリーブオイル大さじ1を加えた熱湯で茹でる。
  2. 片手鍋にオリーブオイル・ニンニク・赤唐辛子を加え弱火で香りを良く引き出す。
  3. 香りが出たら中火にし、牛挽肉を加え良く混ぜる。
  4. 牛挽肉の色が白っぽくなったらチェリートマトを加える。
  5. トマトが崩れたら塩胡椒で味を調える。
  6. 耐熱の皿に、ソース、チーズ、ラザニアの順に重ねていく。
  7. 一番上にチーズをのせ、オーブンで焼く。
  8. チーズが溶けたら出来上がり。
ポイント
  • ラザニアを熱湯に入れるときには1枚ずつ加えるとくっつかない。
  • 5でトマトの水分が多いようなら、とろみがつくまで煮詰める。

最近では茹でないで使えるラザニアパスタも販売されています。
その場合には茹でないでどんどん重ねていきます。
今回私も初めて使ってみましたが、ソースに水分がないとパスタが硬くなってしまいます。
硬いといってもアルデンテ程度のものなので(写真)美味しいですが......^^
でも私の好みはやっぱりパスタを茹でて作ったほうかな?
皆さん、そのときの状況とお好みで選んでくださいね。



Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

10.03.2011

フェタチーズとニンジンのサラダ


まずは、ご挨拶から。

UPがランダムでごめんなさい。

コンピューターのセキュリティーの問題でなかなかUPできずに失礼しました。

今日はニンジンのサラダです。

ニンジンのサラダといっても、とくに難しいことをするわけではありません。

ニンジンとフェタチーズがあればOK.

このフェタチーズ、ちょっと塩辛いので調味料の代わりにも使えるチーズです。

ポロポロと手で砕くことができます。

輸入食材のお店で600円くらいで販売されていますよ。

これ1つ買えば数回のお料理に使えるので、ぜひお試しください。

フェタチーズとニンジンのサラダ

材料
フェタチーズ 適量
にんじん 中1本
黒胡椒粗挽き 適量
チリパウダー(好みで)適量

作り方
  1. ニンジンは皮をむき、チーズおろしでおろしておく。
  2. 1を皿にひらたく並べる。
  3. 2の上からフェタチーズを手で砕きながらのせていく。
  4. 黒胡椒をかける
  5. 好みでチリパウダーをかける。
こんなに簡単でいいのでしょうか。
いいのです。
黒胡椒の味とニンジン、フェタチーズが絶妙なバランスです。
ワインのお供にもいいですよ。
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.