12.27.2010

簡単デザート!ストロベリーフール

こんにちわ。
今ニューヨークは大雪のようです。
50cm以上の積雪があるようで、明日旅行に出かける義理ママはどうなるのでしょうか?

ところでお正月は苺がたくさん出揃いますよね。
お客様が見えたときやお食事の後のデザートにストロベリーフールはいかがですか?
苺とクリームはケーキよりも持ちますのでこの時期にとても便利なレシピです。

ストロベリーフール

材料
苺 1箱
クリーム 1箱
A
フロストシュガー 好みの量
ラム酒 好みの量

作り方
  1. クリームは泡たててからAを加え仕上げておく。
  2. 苺はへたを取りフォークで良くつぶしておく。(ソース状になるまで)
  3. 1のクリームに2のつぶした苺を加え優しく良く混ぜる。
  4. 器に2の苺を入れ、続けて3のクリームを上からふわっと入れる。
  5. 好みで苺のスライスを飾る。
レシピというまでのものではありませんが、シンプルで美味しいデザートです。
食べ方はご自由ですが、下のほうの苺とクリームを一緒に食べると美味しいですよ。
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

12.22.2010

来客がある日のビーフウェリントン


ビーフウェリントン。
このお料理、日本風に言えば「牛肉のパイ包み焼き」。
牛肉を葉物野菜で包み更にパイ生地で包んで焼いたものです。
簡単なのに見栄えがいいので家でもよく色々な場面で登場します。

牛肉のステーキを市販のパイ生地で包んで焼くだけですよ~。

いつもは牛肉に塩コショウしたもで作るのですが、今回はちょっと変化をつけて
四川料理風に牛肉を味付けして作ってみました。

美味しかったのでご紹介しますね。

四川風味ビーフウェリントン

材料
牛肉 ステーキ用2枚(オージービーフのような脂が比較的少ない肉が良い)
青梗菜 葉のみ 適量
A
醤油 適量
豆板醤 適量
荒引き黒胡椒 適量
ごま油 少々

(手に入ればAに加えたいもの 以下2品)
(四川花椒 少々)
(五香粉 少々)

パイ生地 牛肉がたっぷり包める大きさ

作り方


  1. バットにAの材料を混ぜておく。
  2. 1に牛肉を10分ほど漬ける。
  3. 青梗菜は葉のみを茹で余分な水分をふき取っておく。
  4. 2の牛肉を3の葉でまんべんなく包む。
  5. 4の牛肉を2枚重ねる。
  6. パイ生地で包む。包んだ側が底になるようにする。
  7. パイ生地の表面に卵を溶いたものを塗る。
  8. オーブンで焼く。(各家のオーブンやパイ生地により違いがあるので温度・時間は各自調整してください。)
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

12.19.2010

クリスマスにモルドワイン(ワイン+フルーツ+スパイス)


こんにちわ。
今日は比較的温かいです。

そんな中まだ葉の落ちていない木々が綺麗な葉の色を見せてくれます。
と、そんなことしている場合ではない。忙しい日々なのでした。

さて先日、クリスマスの香りのお話をブログで書かせて頂きましたが、そのメインの香りはクリスマスワイン(イギリスではモルドワインといいます。)から漂っても来るのです。

クリスマスワインとは赤ワインの中にフルーツやスパイスを加えて弱火で温めたものです。ゆっくりとスパイスを暖めているうちに、フルーツの香りやスパイスの香りがワインの香りと融合してなんともいえないクリスマスの香りになります。そしてこの香りが部屋に充満してクリスマスの雰囲気も盛り上がってくるのです。

寒~いこの時期に、ドアを開けた瞬間からフワ~ッとこの香りがすると、温かい家族の元に戻ってきたという気持ちにもなるのです。 そしてすぐさま冷えた体をこのワインで温めます。

レシピをご紹介させていただきます。今回はワインを使ったものと、車で飲めない方やお子様のためにジュースで作るものと両方のレシピを出させて頂きます。

クリスマスワインレシピ

材料
赤ワイン 1本
砂糖 50gから70g(お好みで調整してください。)
オレンジ 1/2個
りんご 1/2個
シナモン 1本
クローブ 4個

作り方
  1. りんごとオレンジは良く皮を洗い写真のように切っておく。
  2. りんごの皮の部分に写真のようにクローブを差し込む。
  3. 鍋にワインと果物・シナモン・砂糖を好みの分量入れ弱火で暖める。沸騰させないこと。
  4. 香りがしてりんごにしっかりワインが浸みこんだらグラス又はマグカップに盛る。
ワインが熱いのであんまり薄いグラスだと割れることがありますので注意してください。
クリスマスジュース

材料
ぶどうジュース(果汁100%のもの) 1L
オレンジ 1/2個
りんご 1/2個
シナモン 1本
クローブ 4個~5個

作り方
  1. クリスマスワインと同様にし、砂糖は入れない。
特に小さな子供用だけに作るときはスパイスを抜いても良い。
それでは是非クリスマスの香りを楽しんでください。

Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

12.18.2010

クリスマスにハーブチキン(ドラムスティック&まるごとチキン)




こんにちわ。

皆さんお元気ですか?

毎日忙しいですよね。我が家は年末ロンドンに戻る予定でしたが諸事情で取りやめに。

物凄く楽しみにしていたのでがっかりです。

なにか他の楽しみを見つけなくては。

ところでイギリスの家庭では日曜日に家族で集まって食事をする習慣があるんですね。

オーブン料理やバーベキューなどでわいわいがやがや楽しみます。


イギリスにいたときには材料も揃っていましたので色々なオーブン料理を作りましたが、日本に戻ってからは日本で揃えやすい材料で簡単に作ることが多くなりました。


そこで活躍してくれるメニューがハーブチキン。簡単でとても美味しいのです。


普段はドラムスティックを使い簡単バージョンで作ります。明日は忙しくて夕ご飯作るのが大変だなあ。と言う時に朝ドラムスティックに材料を塗りつけ冷蔵庫に入れておきます。

主人が帰ってからは焼くだけ。^^でもご馳走に見え手抜きには見えないですよ。


このチキン。クリスマスにとてもいいと思うので今回しっかりご紹介させていただきますね。

まずは

簡単ハーブチキン(ドラムスティックをつかって)(写真はないです。)材料


ドラムスティック又はモモ肉皮付き 3本から4本
レモン 1個
ニンニク 2かけ(特大)
タイム&オレガノ(なければどちらか一方でもいれなくてもOK ) 適量
黒胡椒 荒引き 適量
塩 適量

作り方
1. ハーブと黒胡椒は混ぜておく。
2. 鶏肉の両面に1を良く塗り叩き込んでおく。
3. 塩も適量鶏の両面に良く塗り叩き込んでおく。
4. ジップロックなどに鶏肉・レモンの輪切り・ニンニクのスライスを加え冷蔵庫で保存。
5. 鶏を常温に戻してからフライパンで焼く。


食べる寸前にレモン・塩・胡椒少々を再度ふりかけて食べるとより美味しいですよ。

さて、今回の写真。



まるごとのチキンをオーブンで焼いたもの。これ意外に簡単ですよ。

プロセス写真も撮ったのですが、1つのブログに乗せられないので2回に分かれちゃいました。ごめんなさい。

ハーブチキン(丸ごと鶏用)写真

材料

鶏(丸ごと1匹) 1kg(2人から3人分です) 又はドラムスティック3本~4本
レモン 1個
にんにく 2かけ(特大のもの)

バター 適量
ハーブ(あればタイム&オレガノ) 各小匙1
荒引き黒胡椒 小匙1/4~1/2
塩 小匙1/2



好みで

ベーコン 適量


作り方 はプロセスを撮ったので次のブログを見て下さい。

ハーブについて
本当は生のハーブがいいのですが、昨日は手に入らなかったのでドライハーブで作ってみました。意外にもとても美味しかったですよ。ハーブがなければないでも美味しく仕上がりますのであまり難しく考えないでね。^^

ハーブならタイムかオレガノどちらかでもいいにですが、昨日はタイムとオレガノを半々に混ぜてみました。写真3番目はそれに塩・黒胡椒も混ぜたものです。

作り方の手順は次のブログで。
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

クリスマスにハーブチキン(写真付作り方その1)





それではハーブチキンの手順をご説明します。

作り方
1. まずお腹の中の側面にハーブ・黒胡椒・塩を混ぜたものを塗ります。
2. 次に半分に切ったにんにく・四分の一に切ったレモン2つを鶏肉のお腹の中に入れていきます。
3. 鶏肉の皮と肉の間に手を入れ皮が肉からはがれるようにします。
4. 皮の内側の肉にバターを適量塗ります。

この後のプロセスは手順2を見て下さい。
お手数かけてごめんなさい。
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

クリスマスにハーブチキン(写真付作り方その2)






作り方

5.バターを塗ったら皮を元の位置に戻します。

6.足を縛ります。足を縛り、次の写真のように裏返して手羽元に引っ掛け結びます。

7.鶏の表面(皮の上から)ハーブ・黒胡椒・塩を混ぜたものを塗ります。まんべんなく、手や足の先・裏側にもしっかり塗ってください。

8.天板にクッキングペーパーを敷き7の鶏を乗せます。

9.好みでベーコンを7の上に手で押さえて貼り付けます。なくても良い。

10.さらにレモンとニンニクを写真のように置いておきます。

11.190度で20分暖めておいたオーブンに入れ、190度で60分焼きます。

12.60分たった時が最後の写真の状態です。ここで鶏の上に乗せたものを全部はがし、

天板にそれらも乗せたまま、200度のオーブンの上段で15分から20分皮がかりっとするまで焼きます。

13.皮がかりっとしたらオーブンからだし、アルミフォイルを鶏肉を覆うようにかけ5分から10分そのままにしておきます。こうすることで切った時に中の肉汁が外に流れるのを防ぎしっとりしたハーブチキンに仕上がります。


完成したものは材料編の一番上に写真のようになります。

ポイント
  1. 作り方にあるオーブンの温度と時間は、1kgの鶏での目安です。鶏の大きさにより加減してください。またオーブンにより若干温度差がありますのでご自宅のオーブンに合わせて加減してくださいね。
  2. 鶏の足の結び方は本当は首に引っ掛けたりややこしいやり方があるのですが、ここでは簡単にしてみました。
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

12.07.2010

クリスマスにトライフル


お早うございます。
UP をご無沙汰してごめんなさい。

12月は時間が飛ぶように過ぎていきますね。

そんな中トライフルを作ってみました。あっという間に出来てしまうデザートです。
これはイギリス人なら誰でも知っているほど馴染みあるデザートです。
家庭でも簡単につくれますので是非お試しください。またクリームの分量が少なくてすみますのでケーキよりもヘルシーかも。

材料
イチゴ 適量
ブルーベリー 適量
ジェリー(イチゴやラズベリーなどのベリー系のものが良い) 適量
スポンジ(市販品でOK)適量
生クリーム
ミント(飾り用)

作り方
  1. 生クリームは泡立てておく。
  2. ジェリーはフォークである程度つぶしておく。
  3. フルーツは切っておく。
  4. スポンジは手でちぎっておく。
  5. グラスの底にブルーベリー、スポンジ、クリーム、スポンジ、ジェリー、クリーム、フルーツと重ねていく。
ロンドンに居たときによく作って食べました。クリスマスの日にはケーキの他に小さなショットグラスのようなものにこのトライフルを作りお皿に並べておいても可愛いですよ。
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.