7.20.2010

WEBスパイス・インド料理教室4         とうもろこしのスパイス絡め

お元気ですか?熱中症が怖いですね。
普段控えめのお塩もこの季節、いつもより少し気にかけて摂るようにしたいものです。

そろそろ、とうもろこしがおいしい季節になりましたね。

どこのご家庭でも、とうもろこし枝豆が必ず食卓にお目見えするのではないでしょうか?リノール酸をたくさん含んでいるとうもろこしは心がけてたくさん食べたい野菜です。

ところで、とうもろこしはどのように召し上がっていますか?

我が家では、とうもろこしを色々な食べ方で頂くんですよ。
そのひとつが「とうもろこしのカレー」。これは我が家に伝わる人気のメニューです。とうもろこしをまるごと使ってカレーにしてしまうんです。レシピは「ベジ豆カレー」のP41 に掲載されています。というわけで残念ながらここではご紹介できませんが、今日はめずらしいとうもろこしの食べ方をひとつお教えします。

材料

とうもろこし        2本
バター           10g~15g
塩             適量
チリパウダー       適量
レモン           適量
コリアンダー(香菜)   適量(あればより美味しくなります。)
作り方
  1. とうもろこしは塩を入れた熱湯でゆでておく。(又は蒸す)
  2. とうもろこしが茹で上がったらすぐに、バターを入れたフライパン(弱火)でとうもろこしを転がすようにバターを馴染ませる。
  3. すぐにチリパウダーを加えレモン汁を適量かける。
  4. 塩も少量加え味を整える。
  5. あればコリアンダーのみじん切りを加え、とうもろこしに馴染ませる。

ポイント
  1. とうもろこしは1本を4等分に輪切りにしてください。
  2. チリパウダーの量は本当にお好みで加えてください。
  3. 辛いのが嫌いな方はバターとレモンだけでも美味しいですよ。
今まで味わったことのない新しいとうもろこしの美味しさに出会えると思います。
それではGOOD LUCK!!
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

7.14.2010

地中海のサラダ(グリークサラダ)

昨日は豪雨の被害で大変でしたね。被害にあわれた方が政府からの速やかな支援を得られますように。



さて今日は地中海のサラダ(グリークサラダ)をご紹介します。ヨーロッパに住んでいたときにレストランでよく注文していたものを再現したものです。


これはとても簡単で5分もかからずに出来てしまいますよ。

グリークサラダの特徴はトマト・きゅうり・ブラックオリーブ・フェタチーズが必ず入っています。このほか玉ねぎ・パプリカが入る場合もあります。ハーブのドライオレガノがあればこれをかけてくださいね。なければ内で大丈夫です。

フェタチーズと言うのはギリシャのチーズで羊のミルクやヤギのミルクで作られています。(混ぜて作られているものもあります。)日本に入ってきているフェタチーズは日持ちさせるためでしょうか、本国で購入するものよりもかなり塩辛くされています。



フェタチーズが手に入らない場合にはカッテージチーズで代用してください。カッテージチーズはクリーミーになっていないオリジナルのボロボロしたものを選んでください。



フェタチーズやブラックオリーブは輸入食品を扱うスーパーマーケットなどで手に入ります。

www.kaldi.co.jp/top.html


レシピの引用・転用・転写禁止
(ご自宅で楽しんでくださいね)
材料



きゅうり

トマト

レタス(葉物なら何でもOK.写真はミックスリーフを使用)

ブラックオリーブ

フェタチーズ(又はカッテージチーズ

ドライオレガノ(あればもっと美味しくなる)
ケッパー(あればもっと美味しくなる)

作り方


  1. レタスや葉物は食べやすい大きさに手でちぎる。
  2. トマトはプチトマトを半分に切る。
  3. きゅうりは小さめの乱切り。くるくるきゅうりを回しながら斜めに切ります。
  4. フェタチーズは1.5cm角ほどの大きさに切る。(好みの大きさで大丈夫!)
  5. 皿の上にレタスや葉物をのせ、上にその他の材料を写真のように乗せていく。
  6. ドライオレガノをかける場合には最後に振り掛ける。

  7. 好みのドレッシングをかけてたべる。(あれば好みの分量のオリーブオイル・レモン・塩をサラダに直接かけても良い)

お客様が急にいらした時などにもパッパッパと仕上げられ見栄えもいいので覚えておくと便利ですよ。これにバケット・パスタがあればいつもと違った素敵なディナーに。

Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

7.08.2010

WEBスパイス・インド料理教室その2      (スパイスを知りましょう)



今日はスパイスのお勉強をしたいと思います。


スパイスはパウダースパイス(写真上)と言ってスパイスがあらかじめ挽いてあり粉状になっているもの。


ホールスパイス(写真下)と言ってそのままの形のものがあります。


よくスパイスは油に溶かして香りを出すと言われていますが、どんな場合にもそうするわけではありません。

ホールスパイス(写真下)は油を温めながら香りを出していきますが、パウダースパイス(写真上)の場合には野菜の形が崩れ始めた頃に入れる。というベジタリアンの掟みたいなものもあるんですよ。
それでは実際に例にとって説明させていただきますね。


サブジ(野菜のスパイス煮)の場合。
クミンシードなどホールスパイスを使う場合には、油とスパイスを一緒にあたため香りを引き出します。
そしてその次に野菜を加え、野菜がしんなりしたらパウダースパイスを加えます

特にサブジの場合、パウダースパイスは油と一緒に暖めないほうがいいですね。そのほうが野菜の中にすんなりとスパイスの香りが浸みこんでいきます。

サブジは野菜の水分だけで煮込んでいくお料理です。もし水などを加えたい場合には大匙1杯程度に留めておいてください。あくまで蓋をして弱火でじっくりが基本ですよ。



それではパウダースパイスから説明させていただきます。





パウダースパイス写真上(写真の黄色い粉より上から順に)



  • ターメリック①「うこん」でお馴染みのスパイス。不可欠なスパイス。

  • チリパウダー②辛さだけでなくこの香りも重要。マイルドなものを選んで。

  • コリアンダーパウダー③香りをつけるだけでなくわずかなとろみを出します。

  • ガラムマサラ④お馴染みのスパイス。何種類かのスパイスが混ざっています。


ホールスパイス写真下(写真上茶色粒から時計回りに)



  • クミンシード⑤カレーらしい香りのスパイス。和食にもよく合います。

  • グリーンカルダモン⑥料理だけでなくデザートや飲み物にも使われます。

  • ブラックペッパー⑦黒胡椒です。香りづけと辛味を出します。

  • クローブ⑧わずかな量で物凄いパワーのある香り。

  • シナモン⑨インドカレーに使うのは実は肉桂。お菓子に使うシナモンで代用も可。

  • チリ⑩唐辛子のことです。ものすごい種類がありますが、小さい種類ほど辛い。

  • マスタードシード⑪油ではじけさせて使います。ゴマに似たとても良い香りです。

  • ベイリーフ⑫ローリエ。インドのものは形も大きく違う種類のものですが、それを買う必要はほとんどありません。


それでは何から揃えたらいいのでしょうか?わかりやすいようにどんな場合にどんなスパイスが活躍するかをご紹介しますね。スパイスの横に書いてある番号をそれぞれのケースに記しておきます。






  • 日本のおかずにスパイスを加えてみたい。①⑤

  • 日本のカレールーに加えてみたい。④

  • カレールーを使わない優しい味のカレーを作りたい。①②③⑤

  • ベジタリアン系のカレーやインド料理を作りたい。①②③⑤⑪

  • とにかくスパイスをたくさんそろえてみたい。どんな順番で買えばいいの?⑤①②③⑪+④+(⑥⑧⑨⑫は買うなら一緒に)+⑩+⑦とこんな順番で買えばいいと思います。⑥⑧⑨⑫を油と一緒にあたためて使用するとインド料理レストランのような本格的な肉料理のカレーが出来ます。


ざっと説明させて頂きましたが、スパイスには体を温めたり、胃腸の粘膜を整えたり、といった体に嬉しい作用もあります。まだまだたくさんの種類のスパイスがありますが、まずは今回説明させて頂いたものから揃えれば、ほとんどのカレーやインドスパイス料理が作れます。もっとスパイスのことを知りた意と言う方は、右側にある写真の本に出ています。「スパイシーオードヴル」はカレーだけでなくインド料理もたくさん掲載されています。「ベジ豆カレー」は野菜と豆がこんなに食べられるというほど、体に優しい野菜沢山のカレー満載です。またご自宅の冷蔵庫にあるような日本の食材で簡単に仕上がるものばかりを載せています。図書館で借りることもできるようです。ご参考になれば嬉しい限りです。


Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.


スパイスは大手の食品会社(S&B、GABAN,ハウス食品)などからビンに入って販売されていますが、これは保存しやすいし香りも外に漏れにくいので始めて買う場合にはこんなものから揃えてみるのもいいですね。

また日本人が経営され情熱ある小さな会社で、選りすぐりのスパイスを販売されているところもあります。
地方発送も可能だと思いますよ。
上野大津屋 www.rakuten.co.jp/uenoootsuya/
スパイスマーケット http://spaicemarket.org/


私のホームページも良かったらご覧くださいね。


http://www.masakomavani.com/