6.30.2010

WEBスパイス・インド料理教室その1(ズッキーニのサブジ)





今日からWEBスパイス・インド料理教室を開催します。まず始めは最も簡単で手軽にできる野菜のスパイス煮(インド料理)を作りましょう。
必要なスパイスは手に入りやすいクミンシード(材料写真の上)ターメリック(材料写真の下)とズッキーニで作ります。日本の大手メーカーでもこれらのスパイスは瓶入りで販売しています。ズッキーニは拍子切りにしておいてください。
クミンシードは胃腸の働きを助け食欲を正常なものにしてくれますので、この季節にとても良いスパイスだと思います。
ターメリッツクは粘膜を修復してくれると言われ、胃腸の働きを整えてくれます。またターメリックには殺菌作用もあるので梅雨のばい菌が繁殖しやすい時期には嬉しいスパイスですよ。
ズッキーニなんてインドにあるの?と思われるかも知れませんが、トゥライと言う名前でカレーや煮物にされています。ズッキーニはカリウムが含まれていますので、塩分のバランスを整えてくれます。汗のかく時期で塩っ辛いものが食べたいときにはいいですね。ミネラルもバランスよく含まれ、骨を育てると今注目されているビタミンKも含まれています。
それでは作り始めましょう。
材料(写真上参照)
  1. ズッキーニ(大2本)
  2. 植物油(大匙1)
  3. クミンシード(小匙1/2)
  4. ターメリック(小匙1/4)
  5. 塩 適量
作り方
  1. ズッキーニは拍子切りにしておく。
  2. 鍋に油とクミンシードを入れ弱火で暖める。
  3. クミンシードの周りに泡がたち始めたら、ズッキーニを加え混ぜてから蓋をして弱火で加熱する。
  4. ズッキーニが柔らかくなり始めたらターメリックと塩を加え、蓋をして弱火で加熱する。
  5. ズッキーニがくたっとしたら出来上がり。
どんな時に食べるの?
  1. 普段のごはんの副菜として煮物と同じようにいただく。
  2. カレーのつけ合わせとしていただく。
  3. パンに挟んでサンドウィッチにしていただく。
  4. 冷めてもおいしいのでお弁当にも。
私は辛い物が好きなのでこのレシピにチリパウダーを少量加える事もあります。
調理のポイント
  1. 必要であれば3~4の段階で大匙1ほどの水を加えても良い。
  2. クミンシードは焦げやすいので気をつけて。
  3. ターメリックは入れすぎに気をつけて。
  4. 弱火でじっくりと野菜にスパイスの味を浸みこませていきます。
さあ、いかがですか。簡単ですね。美味しくて体にも良いので是非作ってみてくださいね。
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

6.24.2010

蝸牛(かたつむり)のご訪問

W杯日本チームの優勝良かったですね。


梅雨でアジサイの花が綺麗な季節になりましたが、我が家に蝸牛(かたつむり)がやってきました。うちは野菜が大好きで一日に何度も多量な野菜を頂きます。その中で必ずサラダもいただきますが、サラダと言っても生の野菜を刻んだだけ。それにオリーブオイルと塩・レモンをかけて食べると言ういたってシンプルなものです。そこでお醤油さしのような卓上で使えるオリーブオイル入れをずっと探していたのですが、やっと見つかりました。こういうのって雨でじめじめした季節をパーッと明るくしてくれる、生活の中のスパイスですよね。季節に会った時期に見つかったので、なんだかとてもご縁を感じてしまいます。写真の奥にあるものはレモンとお塩が入っています。こういうものは何年も使えるものなので大切にしたいと思います。

6.21.2010

私だけのMy カレー粉を作りましょう。




インドカレーはまだ難しいかな?と思っていたら、自分だけのカレー粉「マイ・カレー粉」を作ってみてはいかがでしょう。私のお稽古ではその日のうちに使用したスパイスを、おさらい用として1回分だけこんな風にお持ち帰り出来ます。カレー粉ならチャーハンに混ぜたり、カレーうどんを作ったりと手軽に色々チャレンジできますよね。自分だけのカレー粉を作れば美味しさもひとしお。まず始めは難しいことを言わずに、あらかじめ挽いてあるスパイスを買ってきて好みの分量で混ぜてみましょう。そして写真のようにラッピングすれば、小さな可愛いプレゼントにもなりますよ。
購入するスパイスは、(写真中央から時計回り)コリアンダーパウダー・ターメリック・
チリパウダー(マイルド)・ガラムマサラです。
ガラムマサラは色々なスパイスがあらかじめ混じっています。と言うわけでガラムマサラは、各社によりスパイスの配合が異なり香りも味もそれぞれなんですよ。

材料
  1. コリアンダーパウダー
  2. ターメリックパウダー
  3. チリパウダー(マイルド)
  4. ガラムマサラ
作り方
  1. 全ての材料を良く混ぜ合わせる。
  2. 密閉容器に入れて保存する。
スパイスは1から3まででも、2から4まででも、全て混ぜ合わせても大丈夫です。
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.







6.16.2010

春菊のイタリアンサラダ



ここのところお天気がよくていいですね。なんとなくすることがはかどる気がします。
ところでまたまた春菊。この時期はお鍋にするには暑すぎるので使い方に一工夫。
パスタのお供に「春菊のイタリアンサラダ」を作ります。
作り方はたいしたことないのですが、春菊の葉はすぐにしんなりしてしまうので手早く作りすぐに食べることがおいしさの秘密です。

材料

春菊
万能葱
レモン
オリーブ油

黒胡椒粗びき

作り方

春菊は茎からはずして、茎は葉の長さにあわせて切る。
水分をよく切り、冷蔵庫で冷たく冷やす。
食べる寸前にオリーブオイルを少量を春菊に手で絡める。
レモン少量をかけ手で手早く混ぜる。
塩・胡椒を少量加え手で混ぜる。
手早く盛り付けすぐに食べる。

同じ材料でもう一品「韓国風春菊のサラダ」作り方はまるで同じです。

材料

春菊
万能葱
レモン
ごま油

黒胡椒

これもとても美味しいですよ。白ゴマを加えてもOK.
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.

6.02.2010

スパイシーピクルスのラベル


さてススパイシー酢が完成したら、ラベルを貼ります。ラベルは野菜の種類を書くところのみあけておきます。今日はラディッシュをピクルスにしたので油性のペンで手書きでRadishと書いてあります。PCで簡単に作れますよ。好きな書体を自分で組み合わせればオリジナルなラベルの完成です。印刷にはラベル用のシールになっている紙を使います。ラベルを貼ると、自分の製品という気がして、もっと何種類ものピクルスを作りたくなりますよ。
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.



スパイシーピクルス



有機野菜をとっています。とても美味しくて味が濃い。町で買うより安い。いいことずくめなのですが、届く野菜はお任せなので時には同じ野菜がたくさんで食べきれないこともあります。せっかく一生懸命作っていただいた野菜を無駄にしたくないので、ピクルスを作って保存します。ピクルスといっても、うちはスパイス多目のスパイシーピクルスです。基本のスパイシー酢を作っておけば、あとは野菜を軽く蒸し、お酢に漬けるだけ。少し甘めに作っておけば、小腹が空いたときにパリパリかじって、ヘルシーおやつにもなります。


スパイス酢

イエローマスタードシード
クローブ
ベイリーフ
黒胡椒粒
シナモン

砂糖



作り方
砂糖と塩以外の材料を全て鍋に入れ弱火でスパイスの香りを引き出します。
酢から湯気が出始めスパイスの香りが漂ってきたら、砂糖と塩を少しずつ加え好みの味にする。
この酢はそのまま飲むわけではないので、味は少し濃い目がよい。
Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.